朝霞市・和光市で不用品回収・粗大ごみ処分-リサイクルショップ:キング

不用品回収

詳細は不用品回収ページへ

リサイクル買取

詳細は出張買取ページへ

エリア別

朝霞・和光

不用品や粗大ごみの賢い処分方法

1.粗大ゴミの定義

【朝霞市】
一辺が50cm以上のもの

【和光市】
縦24cm×横24cm×高さ35cmを超えるものです。(一斗缶大に収まらないもの)

※テレビ(ブラウン管・液晶),冷蔵庫,洗濯機,衣類乾燥機は家電リサイクル法により市や自治体で粗大ごみでは処分できません!
パソコンも同様に粗大ごみとして処分できません。
詳しくは下記に記載しておりますのでご覧ください。

<<不用品回収業者をお探しの方はこちら>>

2.納付券を貼ってゴミ置場に捨てる

【朝霞市】
料金
ベッド(シングル)600円、ソファー(3人掛け)1200円など
もしくは三辺の合計が、180cm未満300円、180cm~230cm600円、230cm~280cm900円、280cm~330cm1200円、330cm以上1500円など。
方法
祝日、年末年始以外の月~金曜日
電話(委託業者048-458-1322)、電子申請で申込み後、納付券取扱店舗にて購入し、8:30までに指定場所へ出す
備考/注意点
1回につき5点まで

【和光市】
行っていない

3.市の清掃施設に直接搬入

朝霞市

【料金】
家庭ゴミ10kgあたり60円(20kgまでは無料)、事業ゴミ10kg当たり220円
【方法】
直接搬入する
朝霞市クリーンセンター 朝霞市大字浜崎390-45 電話:048-456-1593
【備考/注意点】
月曜~金曜日9:00~16:00、土曜日9:00~12:00(年末年始・祝日を除く)

和光市

【料金】
家庭ゴミ10kgあたり60円、事業ゴミ10kgあたり220円
【方法】
直接搬入する
和光市清掃センター 和光市下新倉6-17-1 電話:048-464-5300
【備考/注意点】
平日8:30~12:00、13:00~16:00、土曜日8:30~12:00
市のホームページにて受付申請書のダウンロードも可能

4.市の戸別収集を呼ぶ方法

朝霞市

納付券を購入する場合と同様

和光市

【料金】
100円~2000円
【方法】
電話(委託業者048-461-1577)・電子申請から申し込み、収集日に精算(立ち会えないときは、振込用紙で振込み)
【備考/注意点】
電話受付時間8:30~17:00 月曜~金曜日(祝日、年末年始を除く)

5.リサイクル家電の処理方法
(冷蔵庫、洗濯機、ブラウン管・液晶テレビ、衣類乾燥機、エアコン)

朝霞市

【料金】
メーカーによる
【方法】
販売店、買替店、許可業者に依頼する。もしくは直接指定取引場所に持ち込む

■許可業者
・(株)アシスト 朝霞市大字上内間木407-5 電話:048-456-3356
・片山商事(株) 朝霞市栄町5-6-19 電話:0120-538-324
・大村商事(株) 朝霞市大字上内間木713-8 電話:0120-538-113
・(株)木下フレンド 所沢市坂之下1142 電話:04-2944-3737
・(有)野島商事 新座市本多1-6-7 電話:048-478-2049
・栗原興業(株) 朝霞市泉水3-2-3 電話:048-461-4906

■指定引取場所
・(株)木下フレンド 所沢市坂之下1142 電話:04-2944-3737

和光市

【料金】
メーカーによる
【方法】
小売業者へ依頼。もしくはリサイクル券を購入し、許可業者に収集を依頼するか、家電集積センターへ持ち込む

■和光市内収集運搬許可業者
日本興業(株) 和光市本町20-14 電話:048-463-1017
(有)大和清掃 和光市白子3-21-14 電話:048-461-1858
(株)勤労衛生 和光市下新倉6-13-15 電話:048-461-1577

■和光市近隣家電集積センター
・(株)木下フレンド 所沢市大字坂之下1142 電話:04-2944-1896
・東亜物流(株) 板橋区舟渡1-6-8 電話:03-5914-6440

<<出張はもちろん、当社(朝霞市)への持込も可能です。格安でリサイクル家電や不用品を処分いたします。詳しい回収料金はこちらへ>>

6.市では捨てられない品目

朝霞市

【品目】消火器、バッテリー、プロパンガス、農薬等薬品類、廃油、塗料、医療系廃棄物、建築廃材、タイル・コンクリート・ブロック・レンガ、土砂・石材、畳・壁紙・洗面台・浴槽、物置、自動車部品、タイヤ、バイク、原動機付自転車、ピアノ、耐火金庫、介護用電動ベッド、台車、消火器、バッテリー、プロパンガスなど
【方法】
販売店、専門業者へ依頼する

和光市

【品目】消火器、流し台、バイク、鉄アレイ、バーベル、ピアノ、畳、金庫、農機具、タイヤチェーン、処理困難ゴミ、パソコンなど
【方法】
販売店、専門業者へ依頼する

自分で捨ててみたらこうなった(朝霞市)

私の家は古くて小さいのですが、大きな箪笥が三棹もあり、それらが家をさらに狭くしていました。特に四畳半の寝室に置かれた箪笥は布団のすぐ横で、慣れて気が付かなかったのですが、あらためて考えてみると、もし地震が起きて倒れてきたら怪我では済まない可能性もあり、とても怖いなと思いました。

箪笥は母のもので、中には母が昔、大切に着ていた和服がたくさん仕舞われています。また、やはり母が使っていた古い和風の三面鏡と大きなブラウン管テレビ(29型)があり、これも部屋を狭くしている原因となっていました。しかし、介護施設に入っていた母が亡くなったのを機に、三棹の箪笥と中の和服、三面鏡、ブラウン管テレビをすべて処分しようと考えました。

まず、ブラウン管テレビは家電リサイクル法で定められた対象機器なので、朝霞市では処理してくれません。大きさもかなりあって重く、一人では持ち運べないものなので、今回は朝霞市の許可業者に引き取りをお願いすることにしました。

業者に電話をすると、「土曜の午後、日曜・祝日は休みです。29型ブラウン管テレビは特大(25インチ以上)に該当し、リサイクル料が2,700円(税別)、収集運搬費が2,300円(税別)で、合計で税込5,400円になります」と言われました。スケジュールを確認し、後日、平日に許可業者に引き取りに来てもらい、費用を支払いました。

和服は再利用できる「資源(布類)」として、週に1回の「資源の日」に、透明袋に入れて出すことができます。ただし、一度に出せるのは45ℓ袋で2つまで。母の和服は、とても45ℓ袋で2つでは収まらない量だったため、結局3週に渡って捨てることになりました。

箪笥と三面鏡は「朝霞市リサイクルプラザ(エコネットあさか)」に持ち込むという方法もあり、それなりのものならリサイクル家具として再利用されます。
※朝霞市リサイクルプラザ(エコネットあさか)
朝霞市大字浜崎664-2 TEL.048-486-0222
午前9時~午後5時 休所日は木曜日・祝日・年末年始

しかし、うちのものは古くて痛みもひどく、三棹の箪笥と三面鏡を持ち込むのは大変なため、今回はリサイクルは見送り、粗大ゴミとして収集してもらうことにしました(朝霞市では、一辺が50cm以上のものが粗大ゴミなので、うちの箪笥と三面鏡はいずれも粗大ゴミになります)。

収集の予約申し込みの電話をすると「収集日は月~金曜日の平日で、祝日は収集しません。現在予約がたくさん入っていて、受付順に収集日を決定するので、だいたい3週間後になります」と言われました。また、粗大ゴミの品目と、箪笥の3辺の長さの合計を聞かれたので、慌ててメジャーで測って伝えました(電話をする前に、ちゃんと測っておけばよかったです)。
※朝霞市 粗大ゴミ収集 予約申し込み電話(市委託業者)
TEL.048-458-1322 午前9時~午後4時(土・日、祝日・年末年始を除く)

すると、合計費用は4,200円になると言われました。内訳は、箪笥は三棹とも巾106cm×奥行45cm×高さ172cm、3辺の長さの合計は323cmで、「280㎝以上330㎝未満 1,200円」に該当し、これが「×3」で3,600円。三面鏡は「鏡台、ドレッサー 600円」になります。

後日、朝霞市の「粗大ごみシール」を4,200円分購入しました。シールは300円1種類のみなので、14枚を購入。セブンイレブンやファミリーマート、ローソンなどのコンビニで購入できるのが、お手軽で良いです。

シールに収集日、受付番号を記入して、箪笥と三面鏡の見やすいところに貼り、指定された場所(今回は玄関先)に朝8:30に出しました。1人では大変なので、隣町に住む弟を呼び出して手伝ってもらいました(弟は、事情を知っているので、快く引き受けてくれました)。29型ブラウン管テレビ、三棹の箪笥、三面鏡がなくなった部屋にあらためて入ると、弟と一緒に「わっ、広い!」と驚いてしまいました。

ただ、今回の件で大変だったのは、和服、箪笥と三面鏡、ブラウン管テレビを別々に処分する手間がかかったこと、箪笥と三面鏡の処分が予約の電話から実際の収集日まで3週間もかかったこと、引取・収集の曜日が限られていたこと、そしてわざわざ弟に手伝いに来てもらったことです。私も弟も、たまたまスケジュールが空いていたから良かったのですが、今回は本当に偶然です。

後の祭りですが、不用品回収業者に頼めば良かったと思いました。不用品回収業者なら、和服、箪笥と三面鏡、ブラウン管テレビをまとめて、3週間もかからずにもっと早く、都合のつきやすい休日に回収してくれて、なおかつ家の中に入って三棹の箪笥と三面鏡を運び出してくれます。また、他に不要な家電などがあれば一緒に回収してもらうこともできます。なので、次の機会があれば、不用品回収業者を検討してみようかと思います。

自分で捨ててみたらこうなった(和光市)

結婚と引っ越しをきっかけに、これまでの一人暮らしで使用していた冷蔵庫、洗濯機、19インチ液晶テレビ、ソファーベッドを処分することにしました。ついでに、買い替えで不要になった古いノートパソコンも処分です。

私のアパートの近所に和光市清掃センターがあるので、最初はよく調べもしないで、彼氏(婚約者)にお願いして(私は用事があったため)、車に積み込んで持ち込んでもらいました。

しかし、和光市清掃センターに持ち込むことができるのは「和光市民」に限定されていて、和光市民でない彼氏は持ち込みを断られてしまいました。そのため、日を改めて、私も一緒に行くことにしたのですが、彼氏が車を使うので冷蔵庫や洗濯機、ソファーベッドを積んだままにしておけず、一旦アパートに戻して、また行く日に積み込んだりして、すごく手間がかかりました。

そして、私と彼氏で清掃センターに行ったところ、今度は冷蔵庫、洗濯機、液晶テレビは家電リサイクル法対象で、清掃センターでは処分できないと言われてしまいました。結局、ソファーベッドとノートパソコンだけを清掃センターに置いてきました。清掃センターにでは、搬入口で粗大ゴミを積んだ車の重さを量り、粗大ゴミを降ろした後にまた車の重さを量って、その差分を粗大ゴミの重さとします。費用は10kgあたり60円で、今回は40kgで2,400円もかかりました。冷蔵庫、洗濯機、液晶テレビは持ち帰って、また元のアパートに戻すはめに…。

冷蔵庫、洗濯機、液晶テレビの処分について調べてみると、郵便局でリサイクル料金を振り込んで家電リサイクル券を用意し、家電集積センターに持ち込む方法があることがわかりました。リサイクル料は「家電リサイクル券センターホームページ」で調べることができます。今回の場合、冷蔵庫が3,672円、洗濯機が2,484円、液晶テレビが2,916円で、合計9,072円に(結婚で物入りなのに、安くない金額…。既にソファーベッドとノートパソコンで2,400円もかかってるのに…)。
※家電リサイクル券センターホームページ 家電リサイクル料金
http://www.rkc.aeha.or.jp/text/p_price.html

なんとか費用を節約できないものかと、いろいろ調べてみると、買い取りを行っているリサイクルショップがあることがわかりました。私の冷蔵庫、洗濯機、液晶テレビは、購入してからまだ1年半しか経っていないので、買い取ってもらえるかもしれません。

再び冷蔵庫、洗濯機、液晶テレビを彼氏の車に積み込み、隣町にあるリサイクルショップに行って見てもらったところ、なんと冷蔵庫を1,000円、洗濯機を2,000円で買い取ってくれるとのこと。液晶テレビは0円での引き取りで、計3,000円のプラスになりました。家電リサイクル券を用意して家電集積センターに持ち込んでいたら9,072円もかかっていたので、すごく得しました。浮いた費用は、新居で使う大きな冷蔵庫と洗濯機の購入費用に充てたいと思います。

無料お見積りはこちら

現在地:トップページエリア別