粗大ゴミを処分するには、まずは粗大ゴミの定義を知ること

普通ごみで処分

 

粗大ごみの定義は自治体によって違いますので、エリア別ページをご確認下さい。

納付券を購入

 

自治体によっては郵便局等で処理シールを購入し、普段のゴミ置き場に出せます。詳細はエリア別ページを見てみて下さい。

清掃センターに搬入

 

自治体ごとにゴミ処理センターがあり持ち込む場合は比較的安めに処分が出来ます。詳しい方法は自治体によって違いますのでエリア別ページをご覧下さい。

戸別収集を呼ぶ

 

自治体ごとに費用は掛かりますがオススメです。詳細はエリア別のページを参照して下さい。

処理方法が違う冷蔵庫・テレビ・洗濯機・パソコン

 

リサイクル法で決められている品目に関しましては、ごみ処理施設に持ち込む事が出来ず、市で定められた場所へリサイクル料金を支払って持ち込む手間があります。持ち込むのが億劫なら不用品回収業者を使うページをご覧下さい。当社でのお電話の見積もりは0120-85-2060まで。

自分で処分するのが面倒なら当社へ 不用品でお困りの方お気軽にご連絡ください
無料お見積りはこちら

現在地:トップページ回収料金表